Main productNICHIBAN MEDICAL

開発サポート

開発サポート
長年培ってきた粘着加工技術とノウハウで
貴社の製品・技術開発をサポートします

ニチバンメディカルでは皮膚に貼る医療用テープにおいて高い製造技術と多くの実績があります。
信頼される固定力、肌への負担軽減、耐久性など開発を重ね、日々進化してきました。
肌への多彩な条件に適応できる技術とノウハウは、お客様の製品開発に新たな価値を生み出します。
ニチバンメディカル は粘着イノベーションを軸として、製品開発のテープ製造分野をサポートいたします。

こんなテープがあったらとお悩みの企業様へ

医療現場では肌に貼る機能を持った様々な製品が活用されています。
絆創膏や止血用テープはもちろん、医療機器を肌に取付けるためのテープや、肌と肌を接着するテープ、また機能面では、貼ってすぐ剥がす機能、長く固定する機能、剥がす際の皮膚の負担軽減、など、使用用途によってテープの支持体、粘着剤の微細な調整が行われます。
自社製品の開発をお考えの企業様のご要望をお聞きし、ご希望に沿ったテープ開発を行います。

医療用テープの技術は様々な分野へ応用できます

近年ではウエアラブルな考え方が増え、肌へのテープに関する要望が増えています。
化粧用途・ファッション用途・カイロやマスクなどの固定・ウエアラブル機器の固定などが例えられます。
貴社の開発用素材として、肌へ貼るテープ開発を加えることで、新たな製品開発の可能性を期待できます。

ノウハウ実績

製造から培った当社の技術やノウハウをご紹介いたします。

肌へのやさしさ

肌へのやさしさ

特に医療用テープの場合、皮膚の同じ場所に繰り返しの使用が想定されるため、しっかり固定し、剥がす際には皮膚の負担が可能な限り少ない開発が求められます。こうした高い機能を持つ医療用テープの開発ノウハウは、様々な分野で活用されています。

医療品としてのテープを手がける上で人の肌、いわゆる皮膚への影響は最も重要で、今後も変わらず続いていく研究テーマでもあります。 ニチバンメディカルではテープ貼付の際のアレルギー反応、使用中のムレ軽減、長時間使用時の固定力、テープをはがす際の皮膚への負担などを総合的に判定し、皮膚への最適な素材を採用しています。

肌へのやさしさ

ニチバン製品で培った技術

昭和47年(旧)ミワプラスト株式会社の設立以来、ニチバンメディカルはオーキューバン(絆創膏)の納入を皮切りに数々の医療用製品を生産してきました。ニチバン製品の製造と生産工程における実績を紹介していきますので下記リンクよりご覧ください。

開発参考例

ニチバンメディカルでは当社技術を新たに活かせる可能性のある業界を、参考例としてご紹介します。※現時点で開発・製造している内容ではございません。

穴あきドレープ皮膚固定用両面テープ
穴あきドレープ皮膚固定用両面テープ
ドレープテープ
ドレープテープ

皮膚への貼付を含めた製品開発を思案されている企業様からのご相談に対応する窓口を設けておりますので、ご活用ください。

開発体制

当社の粘着技術やノウハウを活用して、医療現場を中心とした幅広い分野でお客様のニーズに応える製品開発に取り組んでいます。

穴あきドレープ皮膚固定用両面テープ
開発ミーティング